室町前期の刀剣

室町前期の刀剣

室町前期の刀剣 室町前期には、備前国の小反りと呼ばれる一派が刀工として活躍し、兼光一派の流れを汲んだ長船政光、秀光、師光などが著名です。
応永年間には多く備前の刀剣が作られたため、それらをまとめて応永備前と呼びました。
応永備前の特徴は鎌倉時代を思わせるような反りが深い優美な姿をしていることです。
さらに武士の戦闘スタイルが平原における乱戦から、屋内での切り合いに変わっていったために短い刀が必要とされるようになったため、この時代から脇差の制作が行われました。
太刀を一本持つスタイルから、打ち刀と脇差を2本差すスタイルへと刀の持ち方が変更してきたのはこの時代からでした。
応永備前の打ち刀は長さが2尺3寸という約70センチで、脇差は約50センチ程度だったため、非常に収まりがよく江戸時代にはこのスタイルに合わせた美しい拵えが多く作られました。
しばらく平和な時代が続いたため刀剣の国内需要は小さくなりましたが、明との貿易のために生産されることもあり需要は一定程度ありました。
応仁の乱が始まると刀剣の需要は急激に高まったため、刀剣が足りず数打物と呼ばれる粗悪品が多く生産されることになりました。
ただ同時に合戦が続く武将などは個別に注文して刀を打ってもらうこともあったため、名刀もいくつか作られました。

室町後期の刀剣

室町後期の刀剣 室町後期になると、武士の戦闘形式は一騎駆けから徒歩の集団戦へと移行することになります。
刀剣の形状も、刃を上にして腰帯に指す「打刀」が多くなりました。
応仁・文明の乱以後、各地に戦乱が起こり、数打物(かずうちもの)=既製品が出まわりました。
特に、注文によって念入りに鍛えたものを「注文打(ちゅうもんうち)」と呼び、業界では区別しています。
備前・岡山県と、美濃・岐阜県が主な二大生産地となっています。
刀のサイズは、馬の上からの一騎打ちから、集団歩兵=足軽による戦闘スタイルに変わったことにより、過去の時代より長さも少し縮まり、多くの刀剣が2尺1寸(63.6cm)前後となりました。
身幅は普通かやや広めであり、中鋒・中鋒延(のび)ごころのものが多いです。
形状の特徴としては、先身幅は狭くならずに、先反りが強くついています。
柄の部分は片手打ちに適すように、寸法は短く作られています。
主な刀匠は、末備前鍛冶の孫右衛門尉清光、駿河国の島田広助、美濃は若狭守氏房などが代表的です。

新着情報

◎2017/5/23

刀剣「天羽々斬」について
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

刀剣が一番活躍した時代
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

安土・桃山時代の刀剣
の情報を更新しました。

「刀剣 室町」
に関連するツイート
Twitter